Follow us
ホーム > ニュース > 本文
車のプロトタイプは、車の生活の中で役割を果たす
Sep 12, 2017

車の試作車の寿命に役割を果たす
自動車に近づくと、まずその外観に引き付けられます。 異なる顔はどのように進化しましたか? この質問のために、車のプロトタイプのカスタマイズの専門家が私たちのために説明します。
自動車メーカーが最初に生産した車は、天幕に覆われていたが、エンジンは馬に支えられていた。 その後、フードは箱に変えられ、体は長方形になった。 人々はそれを箱と呼んだ。 20世紀初頭に量産されたフォードモデルTは、車の開発のための基本的な形状を築いた一種のボックスカーであった。 自動車の速度が上がるにつれて、風の抵抗の問題は設計スケジュール、特に速度の小さい車を指します。 風の抵抗を減らし、風上の面を減らし、流線形を採用する主な方法が2つあります。 より低い高さは効果的に風上領域を減らすことができる、我々は揚げ物道具として、減少した風上領域が有限であることを知っている、 "ウェッジ"高速車として知られている風上領域を減らす最高であるが、レーシングカーのように。
合理化により、体を流れる空気の流れが減少し、抗力が減少します。 彼らは車のプロトタイプをテストします。 代表的な代表者は、ドイツの自動車メーカーフォルクスワーゲンによって製造された「カブトムシ」です。 人々は合理化したいと思っていますが、合理化は車の理想的な形ではありません。 人々はしばしば傾斜や魚、滴り落ちるような形の合理化された様々なものを使用します...またはそれらのいくつかの組み合わせ。
だから合理化は特定のモデルではありません。 合理化は、渦を生成することなく空気が流れる理想的な形状です。 合理化されたアプリケーションの最も高い境界は、航空機の翼です。 カブトムシ、魚、くさび、ドリップタイプは空気力学的特性の程度が異なりますが、道路輸送の主目的として輸送する場合、絶対的な合理化は現実的ではありません。 合理化はまた、高速走行がリフトを生成し、運転の安定性に影響を与える、その病気を持っています。 これを克服するために、設計者はガイドボードとスポイラーを車に設置する必要があります。
どんな形ですか? 風の抵抗が考慮されていない場合は、好きなようにすべての形状とサイズの車を作ることは可能でしょうか? 自動車プロトタイプメーカーは、自動車製造において決定的な役割を果たしています。 車の主な機能は大きな人、エンジン、トランスミッション、ステアリングです。 それはどこにでもあります。 軽量で効率的なエネルギーがあれば、機械的なトランスミッション部品の代わりにボタンを使用することができれば、すべてのコンポーネントをモジュールに接続し、汎用インターフェイスを介して接続すれば、これらの技術がすべて実用的であれば、実現することができます。
今日、車プロトタイプである車プロトタイプは、2012年の北米自動車ショーで発表されました。 シャーシの中央には標準のアクセスポートがあり、すべての車内システムをシャーシに簡単かつ迅速に接続できます。 シャーシと本体はお客様のご要望に合わせて組み立てることができます。 今日それは「コンセプトカー」であり、明日はおそらく商用車になるでしょう。
しかし、あなたが車の試作品に興味があるなら、海はあなたの欲求を満足させることができるでしょう。 マセラティ、ランボルギーニ、フェラーリ、BMW、スポーツカーの他のモデルは、すべて金と高い模造モデル、細工、コレクション、装飾、贈り物が最良の選択です。 最近、多くのネチズンは、車のプロトタイプのメンテナンスについて尋ねるメッセージを残しました。今日、私たちは要約を出しました。
車のプロトタイプは高い装飾価値と装飾効果を持っています。 これは、高品位の金属材料とプラスチックで作られています。 まず第一に、ラッカーの顔は頻繁にワックスする必要があります。 一般的な車のプロトタイプは、一般的な車のワックスで塗料を維持するために、2~3ヶ月に置かれている毎回ワックス、ワックスはあまり多くすることはできませんし、ギャップモデルに注意を払う必要があります、ワックスはギャップに落ちることはありません。
次に、注意深い埃を置くときは、有機ガラスカバーを覆い、埃が入らないようにしてください。 ディスプレイキャビネットに入れて、より良い雰囲気を作りたい場合は、ディスプレイキャビネット内のいくつかのライトを使用できます。 しかし、ランプを撃つ光の光が比較的高いので、表示キャビネットに水の小さなカップを置くようにしてください、車のプロトタイプの乾燥亀裂の漆の顔をさせることができる、水のカップを置く、湿度を維持することができますキャビネット。
さらに、車のプロトタイプは湿った太陽を恐れています。 雨や雪の日の後、換気と乾燥を開けたいが、太陽の下で暴露したり、ドライヤーで乾燥させたりしないで、ペイントと金属体の分離を容易にし、時間を節約するためにモデルを短縮する。