Follow us
ホーム > ニュース > 本文
産業プロトタイプは、将来の建設産業の発展動向である
Jul 10, 2017

産業プロトタイプは、将来の建設業界の発展動向

工業用プロトタイプは非常に繊細で、照明効果は非常に握っていますが、実際の要求を満たすことができないことがよくあります。 絶妙な機能が完全で、正式で現実的な産業用プロトタイプは、従来の静的表示形式を変更する必要があります。 例えば10年前に産業プロトタイプを販売するために不動産を取る、建物を販売するために業界のプロトタイプを使用しないで、説明するために壁に固執するために図面を使用してください。 6年前、1年前に一般産業用プロトタイプとの空間的関係を明確に表現できるようになるため、正確な照明を備えた産業用プロトタイプが必要でした。 近年、我々はマルチメディアコンピュータ制御の音声、光、および電子業界のプロトタイプの使用を研究し始めている。これは、解説がある場所で、映画が表示されている場所である。 また、二重通訳システムはミュートの遠隔操作にも使用され、産業用プロトタイプ外の周囲雰囲気ランプもコンピュータで制御され、プロットの必要に応じて雰囲気が調整されます。

インテリジェントでダイナミックなコンテンツは、機械工学、構造力学センサ要素、パターン認識、コンピュータソフトウェア、コンピュータハードウェア、プラスチックアートなどに関わるかなり包括的な知識です。全体的な設計の設計者は、非常に幅広い知識、論理分析能力。

将来的には、油圧式の方法を使用して多数の計画建物を作り、緑色の苗木を電気ボタンで立ち上げることができます。 将来、太陽光の各部屋のシミュレーション日、景観条件、雨と雷、騒音、年間の気温変化の間の産業プロトタイプモデルにも当てはまるかもしれません。 工業プロトタイプのインテリジェントかつダイナミックな介入により、産業プロトタイプの生産はより広範な拡張をもたらしました。 しかし、いずれにしても、その傾向は最終的には人道的なものになり、人道的な面でより良いものになります。

産業プロトタイプの開発の歴史は、人間の社会科学技術の発展の歴史です。 人間の処理は変化を意味し、生活環境は変化し、設計コンセプトは変化し、唯一変わらないのは人間の開発目標である。 客観的なものへの人間の変容は、より現実的で包括的で体系的なシミュレーションを必要とし、真実を反映します。 表現の形では、道具、材料、生産プロセスにおいて、将来の産業プロトタイプの生産はすべてすべての方向に変化するでしょう。 したがって、産業の典型的な生産者は、人々の努力、この古くて若い造形芸術の共通の繁栄と発展を通じて、変化に伴って変化すべきである。

産業プロトタイプは本物のマイクロコスモです。 産業プロトタイプでは、実際のことを知るために役立つ特定のことについて基本的な理解を得ることができます。 だから今、産業プロトタイプはますます重要になってきています。 産業の原型は、多くの産業において置き換えられない役割を担っている。

工業用プロトタイプも業界で大きな役割を果たしています。 多くのデバイスは産業用プロトタイプで研究する必要があります。 多くの機械装置の産業用プロトタイプも大きな役割を果たしています。 場合によっては、実際の製品にアクセスできない場合があるため、産業プロトタイプの出現により多くの問題が解決されます。 実際のものを産業用プロトタイプに置き換えることができます。 時には、産業のプロトタイプの冒頭で、産業人材の研究に取り組んで、勉強し、模倣するために、ターゲットが到達したので、この時間は、産業プロトタイプの役割を果たしています。 多分本当のことが出てくるでしょう。 我々は産業プロトタイプの生産のための独自の技術とアイデアを持っているので、我々はあなたの注目を待つ。